Beautiful Life


新しい世界のつくり方

2017年01月08日 9:44 pm カテゴリ: タグ:

あけましておめでとうございます。

玉来なおこです。

 

1479156603029789300_f-2
遅ればせながら、
本年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

さて、
私の年末年始は「大掃除」にあけくれていました。

家中ひっぱりだして、
処分し、
掃除し、
整理整頓してしまって。
でました、でました、不用品の山。
年始の「ゴミの日」が心待ちだったのは
いうまでもなく。笑
大掃除の基本は「その場所をいったん空っぽにする」こと。

 

「当たり前にそこにあるもの」
「おかしい?」「無駄?」ってことに
気づくことができないんですよねー。

 

 

 

だから、物をいったんその場から取り出してみて初めて、
「こんなに目につく場所に、ずっと雑誌が積み上がってた!!」
なんてことに気づいたり。

 

 

ま、ちょっとは<うすうす>わかっていたりするんです。
でも、<めんどくさい>から、「みてみないふり」しちゃってる、っていう。

大掃除って、心の掃除とまったく同じでね
「めんどくさい」に打ち勝ち(笑)、
「みてみぬふり」をしてきたものに向き合い、
「当たり前にありすぎるもの」をもう一度別の角度から発見し、
「不要なものを捨て」
「大切なもの」をみつめなおす、という作業。

 

 

 

 

せめて一年に一度は
自分の棚卸しをするべく、
大掃除は大事だわあってしみじみ思ったお正月でした。

 

 

 

そして、
上の息子も成人式にあわせて北海道から帰ってきました。

 

子供とがっつり話しながら実家に帰省し、
ようやく新年をむかえた気分に。

 

 

 

本当のことをいうと、

私は30代のころ、、、
つまり、子供が小さかった頃、
<自分探し>をしてさまよっていた時期がありました。

 

 

 

 

自分探しをすればするほど、
家族と心の距離が離れていったんです。

 

 

 

 

だから、、、
お正月や親戚の集まりが苦手でした。
なんだか
疎外感を感じていたんですね。
<誰も私のことなんて、わかってくれない!>
こう、私は思い込んでいたんです。
私はひとりぼっち、、。

 

 

 

そして、
自分はどこから来たのか?なんていう、
スピリチュアルなものを探求してきたりもしていました。
でも、、、心の奥底では、
<特別な存在の私だから、
家族は私をわからなくて当然だ。>

 

だなんてね、
心の中で家族をバカにしていたんだ、、、と気づいてしまったのです。

 

 

 

 

今から思うと、
どれだけ傲慢で、
どれだけばかげていたか?よくわかります。笑
そう、

傲慢でバカで無知だったのは自分だったのだ!
ということ。
そう思い知った時、
はじめて世界がひっくり返ったのでした。

 

 

 

遠くの世界をありがたく思っている時には、
近くの世界のありがたさに気づけなくなってしまいます。
これは今、集われる多くの方を見ていても
同じように感じるんですね。
つまり、
身近な人たちに<ダメ出し>をしていることが多い人ほど、
遠くの世界にあこがれている、という。
結局のところ、
<どちらも全て、○>なんです。

 

 

<どちらかが、ダメ>だと、
勝ち負けや争い、が始まりますよね。
って頭でわかってても??
あれだけはどうしてもバツ!って心がついてこない、ものがあるのも、、、

わかります。

 

 

 

しかし、
周りを<見下げる>ことを辞めない限りは、

一見、特別な自分になれたとしても??
ほんとうにリアルなパートナーシップや家族や職場など、
身近な人間関係で疎外感を感じ続けることになるんですね。

 

 

 

 

この、、、

疎外感を感じる壁の根っこはね、
「特別扱いされないこと」への不満が始まり、だったりね、
します。
さらに根っこは古くて、

「兄弟より、私を大切にして!」
なんていう、幼少期の勘違い、からはじまっている人がとっても多いです。

 

 

 

ビジネスマインド講座という<ビジネス講座>でも、
こういう「勘違いの種」を紐解いていきます。

 

 

 

というのも、

<特別扱い>されている人をみては嫉妬したり、
<特別扱い>されたくて、頑張ったり、

と、

エネルギーを違う場所に費やしている間は、

仕事だって全然うまくいかないし、

めっちゃ疲れますもん。
ビジネスのブレーキって
こういう<自分の足元>にあることがほとんど。

 

 

しかし、

<特別扱い>されることは決して悪いことじゃあありません。
そして、そう思うのも悪くありません。
でも、

<○○より>特別に扱われたい、という思いが強くなってきたとき、
モヤモヤし出す、ってわけですね。

 

 

だから、

過去の私は自分を探してスピリチュアルな勉強もしたり、
あちこちセミナーにいってね、

<誰かよりも、特別な自分になりたかった!>のかも!?って
今なら思うんです。

 

 

 

 

そう、自分を探すこと、よりも
自分のことを<よくよく、知る>ことの方がずっと勇気がいるんですね。

 

 

だって
特別でスゴイ自分を知る方が楽しいし、
ワクワクしますから。
でも、

<傲慢で無知でバカ>な自分と向き合うのは

誰でもしんどいし、

誰でもやりたくないし、

誰でも嫌なわけなのです。
私も、見て見ぬ振りをして、

勘違いの種を長年溜め込んできた、わけなのでした。
でも!?

一回でいいので、
もう、ごっそり、心のアカをそぎ落としてみて欲しいんですね。
ほんとうにかるーーーーく人生を歩めるようになりますから。

ゴミ袋10袋、出しちゃうとほんと軽くなりますもんね。笑
そもそも、

<すごい私!>になったり、
<すごいこと!を評価する>ことがいかに馬鹿馬鹿しいか?に気づくと、

頑張らなくてもよくなるんですよね。

 

 

 

大きなことを成し遂げたりしなくったって?
なーんにもなくても?
どんなことがあっても?
<心が帰る場所である家族>と心が繋がっているからこそ、
上に外に、羽ばたける私がいます。

 

 

これが、

心の土台。

 

 

 

ビジネスに心を集中させても
家族が応援してくれ、
家族との関係がより深まるのは、
こういう<土台>あってこそ、だなって。
こういう心の土台がしっかりしていない間は、
家族がなにかしらにつけて
反対をしたり、
心配をしたり、してきたんですね。
これも、

今なら理由がわかります。

当時の私は、「糸のきれた凧みたい」にふわふわ飛んでいきそうだったんですもん。
当時は、
「もう子供じゃないんだから捕まえないで!ほっておいて!信用してよ!」って
必死に抵抗していたわけなんですが、

相手に抵抗をやめさせるのじゃなく、
自分が抵抗するのをやめた、方がずっと早くて、
あったかい世界がまっていたってわけなのです。

 

 

 

 

ただし!

一度は、相手の言葉をすべて!受け止める<勇気>が必要でした。

 

 

そう、

信用できない!ちゃんとしなさい!っていう相手を否定するんじゃなく、

そう言われるくらい信用に足りない自分の部分があるんだ、ってことを見つめる覚悟。

 

 

全部を否定されているわけじゃないのに、

人格否定された!くらいの勢いで、

誇大にとらえて、感じてしまうのが心の癖ってこと。

 

 

でも、実は違うんです。

 

 

自分もうすうす気づいていたことを否定されるとき、

最も琴線に触れ、かちーんってくるっていう。笑

 

 

 

人はね、

必死で抵抗されると?

もっと引き止めたくなるものです。

 

 

受け入れられると?

反対に信頼関係ができるもの。

 

 

これは他人なら簡単なんですが、

親子関係の中で行うには、

相当自分を<真逆に>変えなくちゃ、難しいことだったりするのですよね。

特に母子関係は強固に固まっている方、多いですから。

 

 

 

けど、

この耳が痛すぎて腹が立つことを受け止め、

言われて腹が立つことほど、

自分の課題として取り組んだ結果、、、?

 

 

私は本当に成長し、事業が拡大していきました。

 

 

今までうまくいかなかったのなら?

真逆の考え方をみにつけ、

真逆の方向に向かってみるんです。

 

 

これこそ、まさに<すんごい勇気>がいること。

 

 

今、自分が考えうる未来とは、

平凡な未来かもよ?

 

 

真逆の自分になれると?

想像もつかない未来がどんどん押し寄せます。

 

 

 

先日、
お正月を実家ですごされたある受講生さまが

「父親にバツをつけていたことこそ、
実は父親の素晴らしいところだとわかりました。
おかげさまでこのお正月の帰省でほんとうに暖かい親子の会話ができました」と
コメントをくださっていました。

 

 

<今まで絶対に父親みたいな人と結婚なんかするもんか!>って思っていたけれども、
<父親みたいな人と結婚したいな>と思い始めた方も。

 

 

まさに、
今までと真逆の世界ですよね。笑
すると?

上司との関係性も変化していきます。
父親に見ているものと、
上司に見ているものは、
同じパズルのピース、だったのだってこと。
職場や仕事がどんどんスムーズに進んで行きますから、
らくーに成果をだせるようになるんですね。
もう、そんな事例、いっぱーーーーい、
お伺いして来ておりまする。
パズルのピースをひっくり返すと??
真逆のものがみえはじめます。
世界があったかくて、
めちゃくちゃ広がるんです。
今まで<バツ>をつけていたものが
<マル>になっていくという。
殺伐としていたり、
虚無感だったり、
張り合ったり、頑張ったりしなくてもいいってわかるっていうか。

もっとガッツリとした<ビジネスの設計講座>にいらしたある社長さまも

「ビジネス講座にきたのに、なぜか子供がもう一人つくることにきめました!」
と笑いながらおっしゃっていました。笑
すごくて大きなビジネスをすること、より、
子供との時間や夫婦の時間を大切にする<人生の時期>があっていい、んです。
しかし、面白いのは、
<夫婦の時間>を大切にしはじめると、
仕事がうまく回り出す、という。
もっともめんどくさくて、
見て見ぬ振りをしてきたものに向かい出すと、
両輪がバランスをとってうまく回り出すんです。
まさに、
糸の切れた凧状態だったのが、

「しっかり糸が結ばれて飛び続ける凧」に変わるから。
秋から開催したビジネスマインド講座やビジネス設計講座など
6つのビジネス講座だけで、
海外で事業を展開し始めた方、
新しい販売事業を始めた方、
ひとりで起業を始めた方、
昇進した方、
会社からお金をだしてもらって海外研修に抜擢された方、
結婚を決めた方(多数!!!)、
もう、たくさんの成果報告をいただいています。
ビジネスはマインドが9割!やなあ、ほんまに。
って、私がびっくりするくらい。笑
家族(たとえ家族が亡くなっておられたとしても)との絆は
いつからでも結び直すことは可能ですし、
もっともっと今まで以上の強固なものになります。
$atenalastname$さんの心の糸をしっかりと結び、
大きく羽ばたき続ける2017年にしていきませんか??
足元を固めると、
大きな世界に思い切って飛び立っていけるということを
心のそこから実感すると、
新しい一年の初動にはずみがつきますね。

==========
このニュースレターへの感想を
ぜひぜひお寄せください。
(このメールに返信いただけると私、玉来なおこにとどきます。)

直接お返事はすべてにできかねますが、
ニュースレターでお返事をいくつかさせていただきたいと思っています。
ご質問もお待ちしていまっす!
===========
<お知らせ>

■豊かさをうみだす、ビジネスマインドのつくり方講座■
しっかりと長く続くビジネスと心の土台をつくる
2017年の始動を一緒にはじめませんか?

大阪・東京・オンライン(ウエブ)で開催します。

大阪・・・2月1日(水)午前10時-17時
東京・・・2月4日(土)午前10時-18時
オンライン・・・1月18日(水)午後13時ー17時

(参加人数によって時間が変わります)

一ヶ月のフォローアップがついています。
☆このフォローアップが非常に大切です☆

こちらはお一人ずつお話をお伺いし、
ビジネスをしっかりと飛躍させるためのマインドの作り方をお伝えします。
実は自分の話より、他の方の話こそ、ずっしり心に届くもの。
あまりにも当たり前にありすぎるマインドには気づきにくいものだったりします。
事前登録をいただいた方に募集詳細をお送りします。
(実際の募集ではありませんので、
講座詳細を知りたい方はまずこちらに登録して案内をお受け取りくださいね)

↓  ↓ ↓

$$$http://visionphoto.jp/seminars/mind-business/$$$

===========